Concept

「マリーアントワネットなお茶会」の存在理由

私達は「マリーアントワネットなお茶会」を定期的に国内外でおこなって行きたいと思っています。その大きな理由は来ていただく皆様と楽しみながら自由に創造出来るクリエーティブな場所を共有していきたいと思っています。今までの固定観念を忘れて自分の中に埋もれている創造力豊かな自分に出会ってほしいからです。お茶会にいる数時間 の間は今までのしがらみや日常の問題を忘れて、現代のプリンセス/マリーアントワネットになって楽しんでください。

このお茶会にもルールがあります。

  • 出会った皆とお友達になる。
  • 国籍や人種も関係なく自由に参加出来る。
  • 男女の性別は関係なく自由に参加出来る。
  • 年齢の差も関係なく自由に参加出来る。
  • 身体の障害も関係なく自由に参加出来る。
  • お子さんといっしょに参加しても結構です。
  • ここはお互いの違いを認め合える場所です。

私達の目的はこのお茶会を通して誰でもがお友達になれる壁の無い社会を創りあげる事です。

Our objective is to organize “Marie Antoinette Tea Party” consistently through out Japan and abroad. Main reason for this tea party is to create the common bond and place where creative process is openly free and appreciated. In that space, we want you to forget about your daily constrictions and discover true creative being within you. Hours that, you are at the tea party, please forget about all the troubles in the world and become true modern princess Marie Antoinette.

There are rules in this tea party.

  • Please become friends with everyone you meet.
  • There is no restriction in race or nationality to attend.
  • There is no sexual preferences whether you are male or female.
  • There is no age limitation. Any age can attend.
  • Person, with physical challenged, are well come.
  • Mother or Father with child, are well come.
  • This tea party is the place where we recognize our differences and respect our differences.

The aim for this tea party is to become friend with everybody who participates and create the borderless society.

「マリーアントワネットの娘達」のキーポイント

ART

アートインスタレーションの一環として服を制作する。

These clothes are produced specically
for the ART installations.

limited EDITION

各デザイン最高99枚しか生産しない。

Only limited numbers are produced,
maximum of 99 pieces.

COLLECTOR’s item

各デザインに手書きのバックNo.が付いている。

All pieces are numbered as COLLECTOR’s items.

SIGNED BY THE ARTIST

各下げ札に袴着淳一の手書きのサインが入っている。

Personally SIGNED by the artist on each hangtag.

AGELESS

テイストさえ合えば年齢を超えたエレガントなデザイン。

AGELESS designs appeal to the one with particular taste.

FineST Quality

縫製がハイクオリティー

FINEST QUALITY Japan can offer.

Dress up & dress down

単品使用も出来るように
マーチャンダイジングされている。

Couture feel

クチュール感覚のモードを感じさせる。

Made in Fukuoka, Japan with pride!

全縫製行程を九州の福岡で制作しています。

World premiere princess denim is made in Kojima, Japan with pride!

世界初のプリンセスデニムは全行程を
デニムの本場岡山県児島で制作されています。

※99枚以上生産される場合は手描きのサインとシリアル番号は記載されません。/ When produced more than 99 pieces, no hand written signature nor derial number will be written.

ではなぜマリーアントワネットなのでしょうか

僕のリサーチでは日本のロリータファッションはマリーアントワネットの生きたフレンチロココ/French Roccoco から一番影響されているからです。

ロリータファッションのはしりは1970年にMILK というブランドとして原宿に誕生しました。 そのすぐ後にその現象を大きく引き起こすきっかけがありました。それは日本の少女達に多大な影響を及ぼした少女漫画です。1972年に現在、漫画に象徴される大きな目、尖った鼻、尖った顎、金髪の髪、長い手、長い足などの漫画特有の物理的特徴を創り上げ、ロリータファッションに象徴される装飾性の高いコスチュームに類似したドレスが描かれた漫画が爆発的に日本の少女達に人気を得ました。

それが池田理代子さんの「ベルサイユのばら」です。この「ベルばら」によって少女達の美的感覚の認識が全く変わってしまったと言っても過言ではありません。その影響力は多大なもので40年以上たった現在でも「ベルばら」が残した美的感覚を現代漫画の数々やロリータファッションに感じ取る事が出来ます。皆様もご存知の通り「ベルばら」はマリーアントワネットの一生を元に書かれたフィクションです。その絶大な影響力のために僕は日本のロリータファッションにはマリーアントワネットの生きた時代のフレンチロココが日本漫画を代表する作品「ベルばら」を通して生き続けていると考えています。

今回のアートプロジェクトは、もしマリーアントワネットが現在の原宿に生まれ変わったらどのようなヴィジュアル的な表現をするかという仮説の元に「Les lles de Marie Antoinetee /マリーアントワネットの娘達」として発表する事にしました。

Through his research, Junichi discovered that Lolita fashion was most influenced by French Roccoco when Marie Antoinette actually lived and loved.

Very beginning of Lolita fashion appeared to be originated by the brand called "Milk" in 1970 in Harajuku. In Junichi’s view, there is distinctively more influencial event taking place right after the birth of Milk. It is the publication of one comic book for young girls (Syojyo Manga) that became enormously popular among young Japanese girls in 1972. It instantaneously created the visual appearance of contemporary manga, which are large eyes, pointy nose, pointy chin, blonde hair, long arms, and long legs. Their heroines were dressed in Rococo costumes that provoked the distant dream of the European past.

This manga is "La rose de Versailles" written by Riyoko Ikeda. It is not over statement that this precise manga has changed the perception of beauty among young Japanese girls. Even more than 40 years after the rst publication of "La Rose de Versailles", you still see the strong repercussion in today’s modern manga and Lolita fashion. As many already know that Ikeda’s ficticious story depicted the life of Marie Antoinette during French revolution. Because of this immense influence by "La Rose of Versailles", French Rococo still resides in the hearts of Japanese society above all in Lolita fashion.

This art project "Les filles de Marie Antoinette" pauses the hypothetical question. "If Marie Antoinette is re-born today here in Harajuku, how would she act and how would she behave?"

アーティスト/デザイナー 袴着淳一

「Les filles de Marie Antoinette/マリーアントワネットの娘達」の意外性はデザイナー自体にもあります。

袴着淳一は長年、カルバンクライン、フェラガモ、グッチ、ダナキャレンなどの海外ブランドで活躍して来た本場仕込みのデザイナーです。そのモードのモダンクラシックを完全に理解している、本格派デザイナーがロリータファッションを手がけるところにこのプロジェクトの面白さと不思議な魅力があるのではないでしょうか。

ではなぜ袴着淳一が「Les filles de Marie Antoinette/マリーアントワネットの娘達」をディレクションするきっかけになったのでしょう?

福岡市内の西南学院高等学校を卒業した後、18歳でシアトルへ単身渡米しました。その後30数年間ニューヨーク、フィレンツェ、ミラノ、パリなどを渡り歩き、現在も南仏のムジャンに住んでいます。

今まで自由奔放に生きさせてくれた両親も、2年前に父が他界して母一人を北九州に残す事になりました。母は昔から仕事が人生で一番の生きがいです。その母への一番の親孝行は仕事を通して、一緒にいれる時間をつくる事であると気付きました。

それで彼女のパターンメーキングそして縫製技術と、僕のデザイン力とディレクション力を噛み合わせれば一緒に何かが出来ると直感しました。それがこのプロジェクトを始めるきっかけです。

ではなぜロリータファッションなのでしょうか?

海外で活動しているデザイナーとして現代の日本のファッションを外から見ていた時に気付く事がありました。それは海外で日本に今一番興味を持たれている服はロリータである事です。それは日本が40年間、ファッションデザインとしてではなくサブカルチャーとして培って来たものです。

海外が日本のファッションデザインに一番興味を持った時代が1980年代です。それはまさしくコムデギャルソン、山本燿司、三宅一生が海外で認められた時代です。そのころの革新的なデザインが世界に「日本デザインはこれである!」という強烈なイメージを植え付けてしまいました。それから30年が経った今でも、その3人を超えるデザイナーが出現していないというのが日本ファッションデザインの状況です。

そのデザインの空洞化の中でなぜロリータファッションが世界で注目されているのでしょう?

それは服の意外性と強いインパクトであると僕は思います。モード発祥地のヨーロッパではもう20世紀初頭に消滅してしまったデザインとスタイルが、この極東アジアの最東端の日本でコスチュームとしてではなく、若者にモダンな服として活用されている現象です。それと現代の服がTシャツに代表されるように簡素化が進むなか、ロリータファッションは世界全体のトレンドとは全く逆の装飾性の高い服であるからだと思います。

僕はその日本のサブカルチャーが生んだ服に、アートとモードを加味する事で世界に多大な影響を与える事が出来る爆発的なパワーになる可能性を感じました。そしてロリータの服とイメージを進化させる事に於いて、日本独特の新しいモードを再構築出来るのではないかと思ったからです。

最後のデリバリー The Last Delivery の作家でもあります

最後のデリバリー

是非ご一読ください!
幼い頃から無意識に将来を誓いあった淳一と笑顔。ところが淳一の進学と上京をきっかけに、離れ離れになってしまう。孤独を胸に彷徨い続けた二人は冷たい都会で再会を果たすものの、それはデリヘル嬢と客としてだった――詳しくはAmazon.comより


Unexpectedness of this art project "Les filles de Marie Antoinette" derives from the artist himself.

Junichi Hakamaki worked in abroad for Calvin Klein and Donna Karan in New York then Salvatore Ferragamo and Gucci in Italy. He understands perfectly the taste of modern classic in fashion. The true curiosity of this project is that the designer, who was trained in international houses, is working on Lolita fashion.

What is the reason for Junichi Hakamaki to direct "Les filles de Marie Antoinette"?

After graduating from Seinan High School in Fukuoka, Japan, he left for Seattle, USA. There after, he has lived in New York, Florence, Milan, and Paris for the last 30 years. He resides with his family in Mougins, Cote d’Azur, France. After living freely in wherever he wished to live, his father past away 2 years ago. His mother lives alone in Kitakyushu, Japan, where Junichi was born. Only thing that his mother loves to do was to work. He realized that best way to spend time with his mother was to work with her. Therefore he decided to direct and design this project, while his mother making patterns and taking care of the production. This collaboration was the reason for this project. He just wanted to spend more time with his mother.

Why Lolita fashion?

While reflecting on Japanese fashion design from abroad, Junichi started to realize one thing. What the world is interested in Japanese fashion was Lolita fashion rather than contemporary Japanese designers. Lolita fashion was given birth by Japanese sub-culture, not by contemporary fashion design.

80’s were the time when world was interested in Japanese fashion design. It was exactly the time when Comme des Garçons, Yohji Yamamoto, and Issey Miyake were recognized their talents worldwide. Their innovative approach to design defined the way world sees as modern Japanese design. Even now after 30 years has passed, there is not even one designer who could surpass our masters.

Why world is paying more attention to Lolita fashion while young Japanese designers are being unnoticed.

I feel that it is because of their unexpected approach to design and powerful visual impact. Young Japanese, who lives in the farthest part of extreme orient, are wearing these clothes as day-to-day wear instead of costume that has disappeared more than one century ago in Europe where these design and style originated.

While modern clothes are in general becoming more simplified which is represented by T-shirt, Lolita garments are extremely ornamented and distinctive, which totally crashes with today’s global trend. Junichi intuitively felt that by injecting art and mode into Lolita fashion, there is a chance to become an explosive power to influence the world fashion as our masters did in the 80’s. By evolving Lolita style and image into the future, we might be able to re-dene our original Japanese contemporary design.

会社概要

株式会社ロジーはとても斬新でダイナミックな会社です。

79歳の女社長を筆頭に、そのアトリエのチームは67歳から81歳の女性達で活動しており平均年齢約74歳です。そのおばあちゃんと言われる人達が50年以上培ってきたパターンメーキングそして縫製の技術を生かしながら制作に打ち込んでいます。

クチュリエ

その平均年齢70代の新たなる挑戦が今回のプロジェクトのプリンセスファッション「Les lles de Marie Antoinette/マリーアントワネットの娘達」です。勿論ロリータファッションは10代そして20代を対象にした服ですから、実際には孫達のために洋服を制作している感覚です。現在フィッティングモデルそしてイメージモデルとして働いてくれているのは20歳の女の子達です。その世代を超越した女性達がわいわいがやがや言いながら、楽しく仕事をしている風景は今までに無い新鮮さと革新的な新しさを感じます。もしかしたらこれが今から高齢化していく日本社会の未来像であるべきなのかもしれません。

製品の製造元

まずはロリータファッションの製品は一概にとても雑な縫製が目につきます。今回のプロジェクトの製品としての一番の違いは精度の高い製品作りを目指しました。
それとロリータは日本が生んだ文化です。その文化を海外/東南アジアで生産するのではなく、この文化が育った土壌の日本で生産する。Made entirely in Japan with pride!
作品を見ていただければ解ると思いますが製品の精度の高さとデザインの感性の高さのため、今市場で知られているロリータファッションからすでに大きく進化しているため、「マリーアントワネットの娘達/Les lles de Marie Antoinette」をスティルプリンセス/デウシェスと呼んでいます。
勿論マリーアントワネットはハルツブルグ家のアーチドゥシェス/プリンセスであったからです。
クチュールを約半世紀ほど経験している女性たちが北九州のアトリエにて一つひとつ真心を込めて縫い上げた製品ですので、その確かなクオリティーをお楽しみください。

株式会社 神力縫製

今回のエレガンス系の作品の製造は福岡市内の神力縫製で制作していただいています。若いスタッフが生き生きとして楽しく縫製している会社です。まだ若い33歳の神力瑛二郎4代目社長の名刺には「失われた生産力をもう一度日本に」というスローガンが書かれています。それを読んだ時、この人と仕事をしてみたいと思い、今回のプロジェクトに参加していただく事になりました。
カッティング、縫製、最終付属付けなど全行程を日本国内で行っているJ-Qualityを持つ会社です。

有限会社 ナンバーワン

今回世界初のプリンセスデニムを制作していただいている「ナンバーワン社」は日本デニムのメッカ、岡山県児島にある100%日本製にこだわって50年の小ロット生産専門の会社です。そこも生産の全行程を児島で行っています。藤下副社長と仕事をさせていただく理由は「今生産をしていただいている方々が老朽化しているため、次の若い人材を集めるには若い人達が興味のある商品を縫ってもらうのが一番自然な事である。」という理由からこのプロジェクトに参加していただく事になりました。

Roji Ltd is a very dynamic yet innovative company.

Our female president is 79 years old. Our atelier consists from 67 years old to 81 years old, average age is about 74years old. These women dedicate their time and energy to realize the clothes we perfect, utilizing more than 50years of pattern making and clothing construction experiences.

New life challenge for these women is this art project “ Les Filles de Marie Antoinette”. As you all know, Lolita fashion is based on the consumer age of late teens and 20s. For them to produce these clothes are to make them for their grand children. In reality, girls whom we work with as tting and image models are 20 years olds. It is quite refreshing and rather revolutionary to see 20years olds and 70 years olds are working hands in hands to create Lolita clothes, while enjoying each other’s company. Perhaps this might be the future model for the Japanese society as our society is facing with an increased aging population.

Our producers

When you see Lolita garments, in general they are poorly sewn and quickly constructed. Biggest diference of this project is to dedicate our selves to have high standard in quality. World is known Lolita as distinctively a Japanese sub-culture. Instead of making the garments abroad, such as China and southern western Asian countries, all the garments are produced RIGHT HERE in Japan, where this culture was born and nurtured. Made entirely in Japan with pride! As you will see and feel, “Les Filles de Marie Antoinette” has already developed something new from the rest of Lolita fashion because of the distinctive creative expression and dedication in high quality. It is no longer Lolita fashion as we know today. Therefore we have decided to call it “Style Princesse/Duchesse”. As you all know, Marie Antoinette was a princess/arch-duchess at the house of Habsburg in Vienna.
Our products are sewn at our atelier in Kitakyushu by couturiers who have more than half a century of experiences. I hope you will enjoy our high standard in quality and at most care for our products.

SHINRIKI Sewing Company

The company, who produce more elegant garments of the collection, is SHIRIKI Sewing Company based in Fukuoka, Japan. It is the company that young employees are working with zest. 4th generation president is Eijiro Shinriki and “ Bringing our production capability back in Japan again!” is stated on his business card. When I read this message, I persuade him to join this project because of me feeling the strong surge to work with him. Shinriki Ltd holds “J-Quality” that is given only to the companies that produce entirely in Japan.

No 1 Jean Company

We are premiering World first “Pricesse/Duchesse Denim” at Rooms32. No 1 is a small denim producer based in Kojima, Okayama, where all the best Japanese denims are produced. This company has existed for more than 50 years only producing denims made locally in Kojima. The reason why No 1, Fujishita vice president, joined this project was because they wanted to attract younger employees as their workers are aging rapidly. Best way to attract younger employees was to create the environment and products that they understand and feel close to them.

マリーアントワネットの娘達・ご注文はオンラインショップで。